スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

支援について

色々な支援の団体に関わり、ひきこもり問題に携わっていく中で
疑問に感じることも多々あります。

全国に150万人とも言われている人たちを、どのように救っていくのかが
私達支援者の大きな問題だと感じています。
どこまでを支援として考えていくのか・・。
外に出て皆と話が出来るまでになれたら良いのか?
社会に復帰できるまでにしたいのか?

それぞれの希望や環境があるかと思いますが、
サンライズは、社会復帰支援として考えていきたいと思っています。
なぜなら、私達が、ひきこもりから脱して社会に復帰して
生活をすることが、体験としてすばらしいと感じているからです。
また、当人や家族の本音も、最終的にはそこまでの復帰を願っていると
思うからです。

そんなことを言っても、人とのコニュニケーションが苦手な人に
社会に復帰しろとは、この時代無理なのでは?
そんな声が聞こえてきそうですが、私は、無理にでも
希望を持って欲しいと考えています。
夢や希望を持っていると不思議な縁がめぐってきます。

私は、宗教家ではないので、あまり神の存在などとは言いたくありませんが
先祖は信じています。先祖があって、人は現世に生まれています。
先祖を思い、敬うことで、不思議な良い縁がめぐってくるような気がします。
と考えるのは、私が人の最後の場面に携わる仕事をしているから
かもしれません。

どんな状況におかれても、諦めずに夢や希望をもってください。
夢や希望を持たない人には、その不思議な縁もめぐってきません。
ひとりでも多くの人に 早くその辛いひきこもりという状況から脱して
欲しいと思います。

そのために、もっと支援者同士で協力していけるような体制を整えるべ
きだと考えます。誰が支援をしても、どこが支援をしても、結果として
ひきこもりが減るのなら、それで良いのではないのでしょうか?

これから増えていく支援者同士もお互いに考えていく大きな問題だと
感じています。

(まゆ)







インフォメーション
あなたの気持ちを

応援したい

ひきこもり支援相談士が

ファッションアドバイスします♪

まずは外見から、

一歩踏み出しませんか♪


カテゴリ
お知らせ
ブログ内検索
RSSリンクの表示
訪問数です
リンク
QRコード
QR
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。