スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イジメについて・・。

最近、メディアにイジメによる自殺を取り上げているのが増えている・・・。

ひきこもり経験がある人は、過去の経験を聞くと大半がいじめを受けている被害者が多い・・・。

私は、学生時代にはイジメられる経験がなかったが、社会に復帰して、ある会社で
女性の先輩と後輩にイジメられた。無視をされ、意地悪をされ、遠くでうわさ噂話をされた・・・。

その時の気持ちは今でも忘れられない。デスクに座って居られず、トイレにひとり
駆け込んだ。胃が締め付けられるようで・・・本当に辛かった
その時に初めて、「あ~学校でいじめにあうとはこんなことなんだなぁ~。辛いんだな~」と
実感した。また、軽薄な言動を取った自分の悪い所も改めて気付いた。
そんな冷静に感じる気持ちを持つことが出来たのが、自分自身不思議だったし、今思うと幸いだった。

この経験は、今後の私にはとても必要な貴重な経験となった。
イジメられる経験なくして、イジメにあう人の気持ちは、正直わからないからだ・・・。

あの息が詰まるような気持ち・・・誰かに話したい、でも話せない・・・

(どうすりゃ~いいの~?教えて!!

心の中に重~い石を乗せられたようなそんな気持ち・・・。
(その後、医者に行き、胃カメラを飲むことにまでなってしまったが・・・

そんなに長い期間のイジメではなかったが、結果、私がその会社を辞めて、イジメられることはなくなった。

現代社会では、どんな学校でも職場でもイジメに近いものはあるのかもしれない。

現に、今の職場でも、これはイジメか・・・。と感じる時も少しある。(とても軽いものだが・・)
それをイジメと受け取るか、否か・・・難しいところだが・・・。


イジメる側が一番の問題だが、イジメを受ける側にも、もっと色々な工夫が必要だと思う・・・。

その技を教えてくれる場所があれば、少しはイジメが減るかもしれない。
イジメがいがないと、イジメる側の“やりがい”や“面白さ”がなくなり、減るのでは?
と思うからである。

私は、カウンセリングの中で経験した中ではあるが、イジメを回避する方法をお伝えしている。

最も必要なのは他者との良いコミュニケーション能力なのだ・・・。

当事者が少しでも陰湿なイジメを受けなくなるよう・・・これからも多くの人々に出来る限り
支援していきたい。

(まゆ)










インフォメーション
あなたの気持ちを

応援したい

ひきこもり支援相談士が

ファッションアドバイスします♪

まずは外見から、

一歩踏み出しませんか♪


カテゴリ
お知らせ
ブログ内検索
RSSリンクの表示
訪問数です
リンク
QRコード
QR
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。