スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

出会い。

ひきこもりは親が元気で援助してくれるうちはいい・・・。でも・・・

将来の心配は当事者よりも親御さんが心配しているというこの現状・・・。

いや、当事者も将来のことは、心の中では親以上に不安に思っていることなのかもしれない。

去年の暮れ、知り合ったばかりの40歳過ぎの女性が

「私は、将来がこのままひとりだと、とても不安なんです」と言ってきた。

「自分が病気になった時、親が病気になった時、ひとりでは不安なんです」

うん、確かに・・。医療関係の仕事に携わっている彼女にとっては、仕事の環境上、

特に心配に思っていたのかもしれない。

そこで、何気なく知人の男性を紹介した。

そんな何気ない紹介が、ふたりの運命の出会いとなり、初めて出会ってから半年後、

彼らはメデタク入籍した。

毎回会う度に、とても感謝され、幸せ一杯の彼らの姿を見ると、

こちらまで最高の気分になる。この半年で、出会いをきっかけに彼らの人生は劇的に変化したのだ。

こんな風に、人との出会いは、いつ、どんな時に訪れるかなんて誰もわからない・・・。

ただ、私が経験上感じるのは、強く求めていないとその“運命の出会い”は訪れないということ。

初めて会った時、彼女にはその“強さ”が感じられた。

そう・・仕事でもパートナーでも良い・・・もっと求める気持ちを強く持ち続けて欲しい・・・。

「こんな私では・・」なんて諦めないで欲しい・・・。

心が弱く優しすぎる人ほど、自信が持てず出会いにも遠慮しがち・・・。でも、ひきこもりだって

もっと新しい出会いを求めて欲しい・・・。

今日も一組・・・出会いのきっかけ作りにメールで仲介した一日だった。

また良い出会いに繋がりますように・・・。

(まゆ)

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

親不孝者の私が幸せになりたい。

そう思ったら、いけないんじゃないかって、

ずっと思っていました、、。

だけど、ある時、はっと間違いに気づいたんです。

自分が幸せになることが、親孝行なんだから、

自分が幸せを願わないことが、一番の親不孝だって、、。

彼女さん、結婚されて、幸せになられて本当に良かったですね!

No title

ぴーちさん、コメントありがとうございます。

親不孝だったなんて私自身もどれだけの親不孝してきたことか・・。

もし、今からでも親孝行したいと思うなら、どんな形でも良いので

親御さんが喜ぶことをしてあげてください。

自分が元気になり幸せな姿を見せてあげるだけでも、

立派な親孝行のひとつです。ひとりでも多くのひきこもりの方が

一日も早く親孝行出来る日がくることを願っています。



インフォメーション
あなたの気持ちを

応援したい

ひきこもり支援相談士が

ファッションアドバイスします♪

まずは外見から、

一歩踏み出しませんか♪


カテゴリ
お知らせ
ブログ内検索
RSSリンクの表示
訪問数です
リンク
QRコード
QR
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。