スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

生き辛さをわかって

ひきこもりに対して、世の中はどういう印象を持つのだろうか?

変わっている。とか、仕事もしないでおかしいとか。

マイナスイメージをお持ちかもしれない。

けれど、ひきこもっていたって、

家で勉強していたり、家事を一生懸命手伝っている人もいる、

ただ、少しだけ周りとのコミュニケーションが苦手なだけだったりする。

おかしいことなんてない。変わっていると決め付けるのは、周りである。

人一倍真面目で、優しくて、、、。

誰もが骨折したら入院するように、

社会で負った傷を癒すために、社会と距離をとり
家で治療しているのと変わらないと私は思う。

社会に出ようと思うと、古傷が痛みだし、また怪我しないかと不安で怖くて
勇気を出して外に出ても、また傷を負って、、

心の病気もそうですが、ひきこもりも外見では分からないだけ、
周りからは、当たり前に一般人と同じハードルで見られる。

ブランクのない人間と比べてしまえば、
そりゃ、わからないことも、できないことも、なくはないでしょうが、
そこに行き着くまでの、彼らの勇気は尋常じゃないんです。
誰よりも勇気と忍耐のいることです。
そこを沢山の方々に理解してほしい。そう切に願います。

私は自分を守るために、不登校になりましたし^^

ひきこもりの方々はとっても個性があって、実は楽しい方が多いんです。
趣味も多彩だったりするのです^^

どうか、彼らの生き辛さをわかって下さい。
足を払うのではなく、背中を押して上げてください。

(ちか)


コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

インフォメーション
あなたの気持ちを

応援したい

ひきこもり支援相談士が

ファッションアドバイスします♪

まずは外見から、

一歩踏み出しませんか♪


カテゴリ
お知らせ
ブログ内検索
RSSリンクの表示
訪問数です
リンク
QRコード
QR
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。