スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

体からのサイン。

私には長年冷え症に困っていたり、今年膝、くるぶしの痛みの症状がありました。

それらは、体からのサインでした。

これは私自身の体験談です。
私は幼少期から不登校を経験しています。数年間、ほとんど外に出ないことがありました。

一番思い知らされたのは、筋力低下です。走りが得意でしたが、走ればすぐに息があがり、顔が真っ赤になることに驚きました。そして、本当に体がとても重く感じるのです。また、冬場には足の冷え症に毎年悩まされていました。

小学生の時期は成長期の時期でもありましたが、親との関係が悪化している中で、苦労したのはサイズの合わない靴や服を新調してと言えずに我慢していたことでした。下着、靴、靴下、色んなものが体を締め付けていました。こういったことが、体の歪みや冷え症の発端だったんでしょう。


高校時代、私は女子の割に足のサイズが25ありました。
一般的な女子の規制サイズ外です。
女子靴既製品を又しても足が痛いのを我慢して履いていました。
というか、当初は選択肢が、ほかは男性用か運動靴しかありませんでしたけど。

そして、さらに時が経ち、今年に入ってから何度か膝やくるぶしが熱くなったり、痛みが伴うことがあり、おかしいなと思い医者に行きました。
レントゲンを撮ってもらいましたら、くるぶしと膝の部分だくが擦れて真っ白に写っていました。先生からは、これ以上体重を増やさないで下さいと言われました。(私は標準体型です。)

外反母趾、内反小趾というよりも、
扁平足が根本的に問題だと言われたのです。
浮き指、あげ指という症状で、足の指の筋力を使わず、足裏の骨だけで歩いている状態です。
そのため、通常は足指と足裏の筋力のアーチでクッションを挟むところを、私はクッションを挟まずに長年骨に直接負担をかけて歩いていたのです。
歩く際の、体重移動は通常踵から親指ですが、私は小指側でずっと歩いていたため、内反小趾という小指が真横になっている症状があります。もう、足裏が歪んでいるため、それをフォローする、足首と膝に支障がでたのです。

昔から合わない靴を履いていたこと、そして長年歪んだ歩き方をしていたことが結果に出たのでした。

原因が判明したので、反省して、締め付ける靴を全て10足は捨てました。(スリッパ等含む(笑))

今は自分の足にしっかりあう靴をシューフィッターさんに選んでもらい。合う靴だけしか履かないように変えました。

歩く時の正しい足の裏の使い方は、踵から親指への重心移動で、指で地面を掴むようにあるくと、足裏の筋肉が発達し、扁平足が良くなるようです。私はあわせて足の冷え症も改善してきました。寒い時期こんなに足が軽いものかと、驚いています。また不思議なことに肩凝りも大分和らぎました。

私の話をすると、関わっている青年さんに、三人も扁平足の方がいました。驚きました。

調べたところによると、足裏が歪んでいると、バランスをとるため下から、足首、膝、股関節、腰、肩、首と歪むという話がありました。自律神経に影響を及ぼすと話されている先生もいらっしゃいます。
また、うつ病の裏には、気づいていないだけで、実は慢性的な身体的疲労や病が隠れている場合が多いと話される先生もいらっしゃいます。

例えば、私の友人は、いつも不調で、気分が優れないと言っていました。仕事にも影響が出ていました。
悲観的な考えもあり、うつっぽい症状が出てきますいましたが、
暫くして、彼女は甲状腺に、腫瘍があることが判明しました。体がサインを出していたのです。
無事に摘出し、今は社会復帰を果たしています。

皆さんは、体からのサイン出ていませんか?
自分の体調は自分でしか知ることができません。また自身を大切にするのも、自分しかできないことです。

よく耳を傾けてあげて下さい。

(ちか)
インフォメーション
あなたの気持ちを

応援したい

ひきこもり支援相談士が

ファッションアドバイスします♪

まずは外見から、

一歩踏み出しませんか♪


カテゴリ
お知らせ
ブログ内検索
RSSリンクの表示
訪問数です
リンク
QRコード
QR
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。