スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ダメな自分をさらけ出すとは

 人間誰しもプライドがあり、自分の弱さを人に見せたくないものだと思う。

彼もまた、昔はそうでした。芥川賞受賞作家の 西村賢太さん。



下記 スポニチニュースより、

「友達も一人もいない」西村賢太さんが芥川賞
 現在では珍しい破滅型私小説の書き手。「万に一つも受賞の可能性はない」と思っていた芥川賞を3度目の候補で射止め「本当に大変うれしいです。それだけです」と顔を紅潮させて喜んだ。

 受賞作「苦役列車」は、自らの経験をベースにした作品。中学卒業後に家を出て、日雇い仕事で生計を立てる19歳の主人公、貫多の日常を描く。友人も恋人もいない貫多は、単調な労働の日々の中で同世代の専門学校生と知り合う。だが、彼に恋人がいることへの嫉妬や学歴コンプレックスから、自虐的で暴力的な言動を繰り返してしまう。作品には閉塞感と滑稽味が同居する。

 「僕もふだん誰とも話さないし、友達も一人もいない」という。

 23歳のとき、大正時代の無名の作家、藤沢清造の作品に出合い、私淑。「僕よりダメな人がいて、それで救われた」。破滅的な生を描く私小説にこだわり続けてきた。

 「自分よりダメなやつがいるんだなという気持ちになってもらえれば書いたかいがある。それで僕も辛うじて社会にいれる資格が首の皮一枚、細い線でつながっているのかなと思う」

 暴行で留置場に入れられた29歳のとき、貧しさの中で凍死した清造を思い出した。清造には「菊池寛が作った賞をもらいましたと報告したい」と語り、自らが編集を進める清造全集の資金に賞金を充てるつもりだ。

 「あまりいい家庭環境に育たなかった。父が問題のある人物で。いつかは書きたいと思ってます」。東京都出身。43歳。

 2011年1月17日 記事より転載


TVで西村さんが話されているのを、拝見しました。
藤沢清造の作品を読み、西村さんは勇気を貰ったと言う。
そして、西村さんは私小説を自分の弱さを、藤沢さんのように晒し、多くの人に何かを感じてもらえたらと話す。

自宅には作家藤沢清造の資料をガラスケースに保管おり、藤沢さんの資料館のようで、こんな贅沢はない。
居間には藤沢清造の貰い受けた墓標があり、大事に特注のガラスケースにいれ大切に祭っている。
身寄りのない自分は藤沢清造の墓の横に、生前墓をすでに建てている。と話されていました。

私が思うには、誰しも自分の弱い部分を知ること、認めること、知ってもらうこと。
それはとても勇気のいることで、プライドと見栄が邪魔をし、恥ずかしいことでもある。
小説だけでなく、メディアや、取材に対しても、さらっと
「友達も一人もいない」と弱さを言えるのは彼の強い意志を感じる。

人は誰しも、弱さがある、友人であれ、上司であれ、先生であれ、師であれ
あなたが思うどんな尊敬できる人であれ、完璧な人間などいない。

弱さを持つのは特別なことではない。考えようによっては、強さに変えられることを彼の作品や彼の生き様から感じてほしい。

<ちか>

tag : 弱さ ダメな自分

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

インフォメーション
あなたの気持ちを

応援したい

ひきこもり支援相談士が

ファッションアドバイスします♪

まずは外見から、

一歩踏み出しませんか♪


カテゴリ
お知らせ
ブログ内検索
RSSリンクの表示
訪問数です
リンク
QRコード
QR
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。