スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

池上正樹氏 講演会

池上氏講演会

昨日、全国ひきこもりKHJ親の会東京支部「楽の会」講演会に
出席致しました。
今回の講演は、以前から御世話になっている ジャーナリストの池上正樹さん
の取材体験談を交えた講演で
「長期化・高齢化と社会復帰への道筋」
とういう内容でした。

内容は、東日本大震災の現状と取材を通して見えてきたこととして
1. ひきこもりの心性をもつ人たちの印象
2. 「新たなひきこもり」の出現
3. なぜ悪循環を立ちきれないのか
4. 最初の一歩を踏み出しために
5. 働くための道筋
など、具体例を交えて詳しくお話ししてくださり、支援を
始めている私たちにとっては現状を知る良い機会となりました。

親御さんの参加者も多く、ひきこもりを抱えた親御さんが
こんなにも多いのかと・・改めて感じ、今後の支援に
ますます意欲が増しました。

(まゆ)



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

育て直し、育ち直す。

私は池上正樹氏も、引きこもりの親の会も失礼ながら存じ上げない。私はもっぱら本などを読むだけの不精者で、偉そうなことを言える資格は全くない。ただ思うに、一つ(二つ)のキーワードとして「育ち直し」「育て直し」は当たっている気がするのだ。
すでにご承知の方も多いだろうが、つまずいてしまう人には、何らかの成育過程での欠損と言うか、未成熟さがあるのかもしれない。ならば、もう一度「育ち(育て)直し」するしかないのかもしれぬ。誤解や反発もあるだろう。が、まず「人並み」になること。そうでないと、せっかくの才能や長所も発揮できない。
いくら引きこもって夢想していても、夢を現実には実現できない。まず人並みになれ、とは実は私がある高名な治療者から言われたことなのだ。
そしてやはり、自ら「育ち直す」頑張り、親や治療者は「育て直す」粘りや忍耐力が必要なのだと思う。
インフォメーション
あなたの気持ちを

応援したい

ひきこもり支援相談士が

ファッションアドバイスします♪

まずは外見から、

一歩踏み出しませんか♪


カテゴリ
お知らせ
ブログ内検索
RSSリンクの表示
訪問数です
リンク
QRコード
QR
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。