スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ほっこりスペース!

明日13日(日)ほっこりスペースを行います※詳細は過去記事を御覧ください

1部 親御さん、ご家族の部 14時~15時
2部  〃  とご本人の部 15時~16時
3部 ご本人の部      16時~18時

ひきこもりの状態で悩まれているご本人も、そんなお嬢さんのことでお悩みのお母様も、
どうぞご利用下さい^^

3部では、最近私が素敵だなと思った詩のご紹介をしたいと思っています

ほっこりスペースでは様々な(趣味や手芸、等)情報交換をしていただける場所になればと思っています

(ちか)

スポンサーサイト

テーマ : 不登校・ひきこもり
ジャンル : 福祉・ボランティア

tag : ひきこもり ほっこり 女性の居場所 フリースペース 不登校

あなたは自分のことが好きですか?

あけまして おめでとう ございます

このブログにお越しいただいてありがとうございます
どうぞ今年もよろしくお願い致します

さて新年早々皆さまに、質問をぶつけたいと思います
タイトルでバレてしまっていると、思いますが

Q,『あなたは自分のことが好きですか?』

今日はこんな話を紹介しようと思います。少々長くなりますが、
外見にコンプレックスを抱えた女性のエピソードです。
彼女は学生時代に体重が70キロ近くあり、学校では「豚」とか「デブ」とか散々からかわれて、
家では父親に、顔が大きくてほっぺの肉が厚いから、顎も削ったらいいんじゃないかと言われていたそうです。
彼女は外見に自信が持てなくなっていきました。
そして、そのコンプレックスを抱えた状態で数年たった後、彼女は胃潰瘍を患いました。
幸い陰性でしたので、手術はありませんでしたが、
胃には激痛がはしり、食事をほとんど取れない日々が続きました。
すると、体重がどっと落ち、一ヶ月少しの間に外見が別人のようになってしまったのです。
彼女は病に掛かったことで、なかなか減らなかった体重が減ったことを喜んだのです。
周りからは、痩せたことで心配されたり、気をかけてもらうことが多くなりました。
そして、「痩せてすっきり綺麗になったね」と言ってもらえることが増え更に喜びました。
しかし、病が治れば、食欲も戻るものですよね?
彼女はそれから、食事をしては体重が気になって仕方がなかったのです。
少しでも体重が上がれば、食事を抜いたりと、無理をしてでもキープしようとしていました。
しかし、筋肉も減ってしまっているので、そんなことをして、体力がつくはずもありません、
鉄分不足の貧血状態ふらふら状態と栄養とって健康な状態を天秤にかけても、
鉄分のサプリを片手にふらふら状態を選ぶほどでした。
それから数年たっても、彼女は体重が外見が気になって仕方がありません。
周りから
「今日の洋服、スタイルに合ってるね」とか
「足細くて羨ましい」とか言われると、
「そんなことない、自分はあれから太って、服もきつくなってきた」とか
「脚はまだまだ太くて、もっと痩せたい」とか言っていたそう。
そう、彼女は端から見ても痩せて、綺麗に見られるにも関らず、未だにコンプレックスを抱えた状態で、
自分の体に自信が持てずにいたのです。
なんて辛いことでしょうか。常に頭から外見のコンプレックスのことが離れないのです。
素敵であるはずの、今の自分を、自分で責めているのです。
周りは以前の学生時代とは違い、誰も彼女を冷やかしません。
むしろ、外見のことを褒めてくれているのに、結局、自分で自分を苦しめてしまっているのです。
素直に「ありがとうございます」と肯定して受け入れられたら、
過去のコンプレックスから抜けるための、エネルギーに変えられていたかもしれません。

視点を変えてみますが、
世の中に、太っている女子は、結構いるものです。
芸能界でも、柳原可奈子さんとか、渡辺直美さん、森三中さんとか。
彼女たちは、外見はぽっちゃりとはされていますが、とっても可愛らしいですよね。
でも、無理に痩せようとも思っていないし、むしろ芸の強みにされています。
まわりから、太っていることをネタにされても、むしろ笑いにしてしまっています。

前者の彼女と何が違うと思います?
それは、例え太っている自分であっても、周りからなんと思われたり、言われても、
決して自分で自分を責めることをしないのです。
そうい部分があっても、自分は自分を嫌いには、決してならない。
むしろ中には、そんな自分もカワイイ、好きだと思える方もいるかもしれません。

冒頭でQ.『あなたは自分のことが好きですか?』と問いました。
あなたはどんな答えが思い浮かんだでしょうか?
色々沸き上がってくるものがある方もいるかもしれません。

でも、どうか自分のことは自分が守ってあげて欲しいと思います。
周りになんと言われようと、自分まで自分を責めないで下さいね。
あなたはきっと大丈夫です自分が自分の味方になれたら、もう大丈夫

(ちか)

テーマ : 幸せになる方法
ジャンル : 心と身体

tag : 周りになんと言われても、自分は自分の味方でいよう 自分のことを好きになる努力は必ずエネルギーになる

インフォメーション
あなたの気持ちを

応援したい

ひきこもり支援相談士が

ファッションアドバイスします♪

まずは外見から、

一歩踏み出しませんか♪


カテゴリ
お知らせ
ブログ内検索
RSSリンクの表示
訪問数です
リンク
QRコード
QR
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。