スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

孤独どころか

レベ上げステ上げまかせろぃ!

 

オンラインゲーム内では、モテモテなコモルくん
おいおい実社会でも、その経験を生かしてほしいものです
私も以前、オンラインゲームの音ゲーにお熱でした

さて、共感した方、おもしろいと思った方は右下の拍手ボタンをよろしくどうぞ
そして、コメントもお気軽に、どしどしお寄せ下さい~
4コマの長期連載にむけて、ご協力をなにとぞ、お願い致します
懐かしき某へぇボタンの要領でお願いします


追伸:最近のマイブームは拍手の数字を見てから寝ることです。
   数字が大きいと、不思議とよく眠れます
スポンサーサイト

女性限定 イベントの告知です^^

※10/28一部修正・追加

10月31日(日) 

女性限定の居場所をお知らせします
今回は男性陣のみなさまごめんなさい;またイベント企画しますので
次の機会をお待ちくださいね

NPO法人社会参加支援センター・リーラのイベントです。 

日時:平成22年10月31日(日)
   午後14時半~16時頃 ハンコ作り
     以降18時まで 居場所
場所:最寄は東京都JR・都電 『巣鴨駅』
   居場所の場所については 下記地図をご参照下さい。
   少しわかり辛いのですが、和食料理屋の横の階段を昇り3階です。
参加費:材料費として、300円お願いします。
参加希望の方は直接気軽にお越しください 

女性だけの、ほっとする居場所です、どうぞ遊びにきてみて下さいね
私ひきこもってます。ひきこもり気味かもしれない、
男性のいる場所はちょっと苦手、ほっとできる居場所が欲しい、
人と話がしたい、話を聞いてほしいetc
是非参加お待ちしています
013156.jpg
女性であれば、どなたでも、参加できますよ~
1人での参加でも、居場所に参加されている方、皆あったかい方ばかりです。

ちなみに、途中参加も大丈夫です、基本的に居場所なので、自由にできます
消しゴムを使って、かわいいハンコや、
年賀状に使えるハンコを楽しく、皆で作りましょう

ちかさんがスタッフとして居ますのでので
他にも素敵な方々がいらっしゃいます^^
どうぞ遊びに来て下さいね


地図

お問い合わせ先:NPO法人社会参加支援センター リーラ

ちなみに、ですが、NPO法人社会参加支援センター リーラさんでは、
長期ひきこもりの方への就労の支援サポートを行っていますので、
気になる方は、そちらも是非チェックしてみて下さい!

ぴったりの仕事

大変おいしゅぅございます

お昼の時間帯や夕方のグルメリポーターさんっ、リポーターならば、
その美味しさを、感動を私たちにもっと伝わるように、深みのあるリポートを是非お願いします
私たちも、グルメリポーターを副業にしようかしら(笑)なんて

おもしろいと思った方は右下の拍手ボタンを下さい
4コマの長期連載にむけて、ご協力をどうぞお願い致します
某へぇボタンの要領でお願いします
コメントもどしどしお寄せ下さいませお待ちしておりま~す


ひきこもりについて考える 長谷川俊雄教授

今日、ひきこもりについて考える~家族にできること・できないこと~の講演会に
出席しました。講師は白梅学園大学教授 長谷川俊雄教授です。
私もこの仕事を始めて、色々な方の講演を聞きましたが、一番心に残りました。
それは、実際の家族や当事者の目線で支援を考えていらっしゃるからだと思います。

講演の中でミスチルの“GIFT"という曲を流して下さいました。

 ~GIFT~ 作詞・作曲 櫻井和寿

一番きれいな色ってなんだろう?
一番光ってるものってなんだろう?
僕は探していた最高のGIFTを
君が喜んだ姿をイメージしながら

「本当の自分」を見つけたいって言うけど
「生まれた意味」を知りたいって言うけど
僕の両手がそれを渡す時
ふと謎が解けるといいな
受け取ってくれるかな

~中略~

「白か黒で答えろ」という難題を突き付けられ
ぶち当たった壁の前で
僕らはまた迷っている
迷っているけど
白と黒のその間に
無限の色が広がってる
君に似合う色を探して
やさしい名前をつけたならほら一番きれいな色
今、君に贈るよ

悩みを抱えているひきこもりの彼らに、先生は「この曲を聞いてごらん」と
勧めるそうです。
実際、彼らは、親御さんが思っている以上に、自分のこと、社会のこと、将来のこと
を考えて、悩んでいる。孤独、自信のなさ、焦り、取り残され感、自己嫌悪、人間不信。
それらから自己否定、現実回避になっている。

まさに私がひきこもりをしていた時の気持ちそのもの・・・。

先生は親御さんの具体的な対応の仕方など、例をあげて説明してくださいました。
それが、とてもわかりやすかったのです。
最後に親御さんから「社会は、今のひきこもり解決に何をしてくれるのでしょうか?」
と質問を受けて、先生は「ないです!」と即答していました。
社会に解決を求めるのではなく、親が変われば治るものでもない。
本人が変わらなくてはひきこもりは解決しませんとおっしゃっていました。
まさにそうだ!
そう・・本人が変わらなくてはこの問題は解決しません。
勿論、親が受け皿になることも必要ですが、最終的には本人の意識が変わることが一番大事だと思います。
その過程を見守ってあげることが親の大切な役割ではないでしょうか?

改めて、ひきこもり支援に意欲がわいた一日でした。

(まゆ)




カウンセリング代

先日、ニコニコ動画にゲスト出演させていただきました。
サンライズの支援内容を紹介したところ、司会のひろゆきさんから
「ところで、料金はいくらなの?」と聞かれ
「カウンセリングは50分で3500円、外出は2時間で7500円です」
と言ったら、「それは安い!」と驚かれました。
斎藤先生も他と比べて安いと言われていました。

そうなんです。サンライズのカウンセリング料金は 他の所と比べてみても
かなりお安いのです。
というより、他が高すぎるのでは?と感じているのは、私だけでしょうか?

私は、カウンセリングをしていて感じるのは、親御さんも当人も
1度や2度のカウンセリングで、急激は変化は望めないと感じています。
時間をかけて、何度もカウンセリングをする中で、お互いの信頼関係が出来てきます。
そこから少しずつ変化が出てくると感じています。

高額なカウンセリングを何年も受けても、あまり変化がない例もたくさんあります。
ひきこもりを抱えている家庭の中には、経済的な負担を抱えているご家庭も
少なくありません。

実際、人ひとりをずっと親が扶養しているわけですから、大変なわけです。
親御さんが張りつめて頑張っている姿を見る度、胸がいっぱいになり、
この状態をなんとか良い状態に変化させることはできないのだとうかと
とても強く感じます。

なので・・サンライズ支援は、今までと違う支援を多くの方に届けていきたいので
あえてこの手頃な金額にしました。

司会のひろゆきさんから「そんなのでやっていけるのか?」
と質問されましたが、正直、大変な部分もあります。

実際に、私は他の仕事を少しずつかけもちしながら、この支援の仕事をしています。
でも、これは今まで人に心配をかけた分のお返しだと思っています。
それはツケを返すようなものだと・・。
だから、どんなに大変な状況でもこれは当たり前だと考えるようにしています。
でも、不思議なことに、そんなプラスの考えをしていると、すべてが良い方向に
向かっていくのです。これは体験から実感しています。

そんな私の不思議な体験をたくさんの人に伝えたい。
そしてひとりでも多くのひきこもりの人が
新しい自分になって社会に復帰して欲しいと願っています。





インフォメーション
あなたの気持ちを

応援したい

ひきこもり支援相談士が

ファッションアドバイスします♪

まずは外見から、

一歩踏み出しませんか♪


カテゴリ
お知らせ
ブログ内検索
RSSリンクの表示
訪問数です
リンク
QRコード
QR
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。